ノーファンデのスキンケア|すべて国産素材!釜だき手作り無添加洗顔石鹸!

ノーファンデーションを目指すなら、まずは洗顔から!

余計なものは一切入れず、特別な水、沖縄海洋深層水αGri-X(アルファグリックス)と石けん素地だけを使い、昔ながらの製法でひとつひとつ手作をりした無添加石鹸です!

▼この石鹸を使って、ノーファンデ生活を送ってみませんか!▼
スキンケア訴求
海洋深層水 石鹸

海洋深層水 石鹸
海洋深層水 洗顔石鹸石鹸
海洋深層水 石鹸
海洋深層水 石鹸
海洋深層水 石鹸
海洋深層水 石鹸

特別な水、沖縄の海洋深層水から生まれた美容水αGri-X(アルファグリックス)

日本のみならず世界が認めた大自然の宝庫、沖縄。
それを育んでいるのは青々としたコバルトブルーの海。
そして、ヤンバルの森に守られた清らかな川。沖縄の恵みはすべて水から始まっているのです。

その重要性は私たち人間にとっても同じ。人の体のおよそ60%から70%が水分だと言われています。
私たち人にとって水は、大切な成分です。そんな中、いま注目されている水があることをご存知でしょうか?

その水には驚きのパワーがありました。水の惑星からの贈り物。

いまから十数年前、水に関する新聞記事が話題になりました。それによれば、とある水に食品や水産振興など、多方面で役立つ力があるとの報告がされました。

その水の持つ力。。なかでも、今回は女性にお肌に優しい水。

沖縄、その水は日本で唯一ここの海でしか取れないと言われてます。一体どんな水なのか、採取できる場所へと向かいました。
目指すのは北緯25度、東経127度の海域です。

本島からおよそ30キロ、移動時間は3時間ほど。そして到着したその場所は、辺りに何もない大海原の真ん中。
なぜ女性のお肌に優しい水は、この場所でしか採取できないのか?

潜ってみると、その謎が明らかになりました。プランクトンを求め集まる多くの魚たち。
実はこの海域は、他の場所よりも栄養に満ち溢れていたのです。そのカギとなるのが潜った場所からさらにさらに深い場所。

水深およそ1400m。人智を超えた神秘の世界に流れる水にあります。それが、海洋深層水です。
実はこの場所は2000年周期でめぐる地球規模の巨大な海水の流れ、海洋大循環の通り道。

その海水には、およそ2000年の年月をかけ熟成された、豊富な栄養成分が溶け込み、それが女性に優しい水として注目されたのです。

そのパワーに魅せられた化粧品メーカーがあります。ドクターリセラです。

沖縄海洋深層水を調合・加工して出来上がったアルファグリックスという水を使用しております。
海洋深層水を使ったアルファグリックス。それこそが、女性のお肌に優しい水です。

海洋深層水は水深200mより深い場所にあり、それぞれの深さによって栄養成分に特長があります。

アルファグリックスは、その中でも特に栄養素が豊富な水深600メートルと1400mの水をブレンド。
さらにそこへヤンバルの森の天然水を加え、調合を試すこと実に1万回以上!ミネラルをはじめ、まさに沖縄の大自然の恵みが詰まった水なのです。

こんな実験をしてみました。水道水と栄養豊富なアルファグリックスで、カイワレ大根の成長を比べてみると、3日後アルファグリックスに浸した方は水道水と比べ2倍近くの早さで成長しました。これがアルファグリックスのパワーなのです。

さらに成分を詳しく調べると、雑菌がない安心な水であることが分かりました。
女性のお肌に優しい水、アルファグリックスは、海洋深層水人気度第1位。ドクターリセラの化粧品、その特徴は浸透力。

豊富な栄養成分が、そのままお肌に素早く浸透していきます。ドクターリセラはエステティックサロン専用の化粧品として全国2200店舗以上で使われています。
エステティックサロンで愛用され、多くの女性の味方になっています。

余計なものは一切いれず、沖縄海洋深層水αGri-X(アルファグリックス)と石けん素地だけを使い、昔ながらの製法でひとつひとつ手作りした無添加石けんです。

混じりけのないふわふわ泡が、皮脂汚れや古い角質をすっきり落とし、お肌に必要な潤いは残します。石けんで古い角質を取り除くことで、有効成分が届きやすい、まっさらで健やかなお肌へと導きます。

ただの海洋深層水ではないからできた無添加石鹸で、ノーファンデ美肌に!

海洋深層水 石鹸

海洋深層水 石鹸
海洋深層水 石鹸
海洋深層水 石鹸

▼この石鹸を使って、ノーファンデ生活を送ってみませんか!▼
スキンケア訴求

ノーファンデの道は洗顔から!透明感のあるツヤ肌を目指すなら、ドクターリセラの石鹸 ピュアモイスチャーソープ

「アルカリ性」と「弱酸性」と聞いて、あなたはどちらが肌に優しいと思いますか?

きっと、テレビCMでも「弱酸性」が「優しい」「お子様に」と流れているから、「弱酸性」が肌に優しいのは世の中の常識では?と思う方が多いと思います。

しかし、純粋な石けんはアルカリ性なんです。石鹸の「鹸」はアルカリという意味なんですよ。
弱酸性のものは界面活性剤を加えないと出来ないんです。洗顔と言えばチューブに入った洗顔フォームが主流で、それは「石けん」ではなく「泡立ち豊かな洗顔剤」です。これらは石油系界面活性剤によって泡立ちを良くしていることが多いんです。

ドクターリセラの石けんは、泡立ちよりも大切なもの、余分なものを一切入れず、「純石けん」を作りました。

人生を変えた石けん「ピュアモイスチャーソープ」今回は、ドクターリセラ常務取締役の奥迫協子さんが、石けんづくり一筋の職人に想いを伺いました。
海洋深層水 石鹸
我が子を育むよう、丁寧に見守りつくり上げています。

ピュアモイスチャーソープの原料は国産の素材。舐められるくらい安全です。
海洋深層水 石鹸
体に安全な材料しか使用していない『ピュアモイスチャーソープ』の原料は、舐めても安心。
ほんのりと「甘さ」を感じるほど!

石けんづくりに重要なのが牛脂と水と塩です。今は外国産の原料を使うところが多いですが、ピュアモイスチャーソープの原料は沖縄海洋深層水のαGri-Xと鮮度塩です。

最初にαGri-Xを使って石けんを作りたいと聞いた時、まず水を舐めさせてもらったんですが、普通の水と全然違うし、酸化防止剤なんかが一切入ってないから、「この子は大丈夫だな」とわかりました。

石けん素地は牛脂が主原料です。安い石けんは廃油でも作ることが出来ます。

ドクターリセラの石けんは、牛脂も海外のものではなく、最高級の石けん素地である国産の岡山と四国の牛のお腹の脂の牛脂しか使いません。
天然の素材にこだわっているから、舐めても大丈夫なんですよ。

顔つきや音の変化、石けんの気持ちを感じてタイミングを見極めます。
海洋深層水 石鹸
一瞬一瞬で表情を変える石けん素材。呼吸をして、変化して、まるで生きているかのよう。
僕は釜を炊き始めて44年になるのですが、石けんの気持ちがわかってきたのは、つい最近です。

石けんには“喜怒哀楽”があるんです。人間みたいなものですよ。だから、他のことを考えながら作業していると上手くできません。
熱のかけ方やタイミングで簡単に変わってしまうから、顔を見て、機嫌を取ってあげるんですよ。

それに、音もペチャペチャからシャラシャラという感じに変わっていきます。
櫂で混ぜて下に残っている脂を、上で石けんになっている子の方に上げてやると、下の子が「石けんになる!」って変わるのが、櫂の重さでわかるんです。

こういう判断で必要なのは目も耳も鼻も、五感の全部と、あとは第六感。見た目だけではわかりません。
何千回と釜を炊いた経験で、やっと石けんの気持ちがわかるようになるんです。毎回顔が違って面白いですよ。

良いものをつくるために、とことんまでこだわって、命がけでつくっています。
海洋深層水 石鹸
出来上がった石けんは、温度・湿度を調整しながら、二日~二日半乾燥。じっくり固まるのを待ちます。
石けんづくりは、片時も目が離せず、まるで子どもを育てているようです。

釜を炊いている時は、火傷や失明の危険もありますが、それでもモノづくりっていうのは命がけでやらないと良いものはできないと思っています。それでお客さんが喜んでくれて、その声を聞いたときは、もう本当に最高です。「作ってて良かったな」と思いますね。

ノーファンデの道は洗顔から!ドクターリセラの石鹸 ピュアモイスチャーソープのご使用方法



ノーファンデーションで日焼け止めのみ!ツヤ肌美肌の秘訣は!?